顕微授精法(卵細胞質内精子注入法)/ ICSI (Intracytoplasmic Sperm Injection)

顕微授精法(卵細胞質内精子注入法)Intracytoplasmic Sperm Injection=ICSI

顕微授精法とは

体外受精法は卵巣から採取した卵を直ちに培養液に移し、そこに精子を滴下し、卵と精子が培養液の中で出会い、受精が起こる方法です。
しかし精子の数が極端に少ない(高度乏精子症)場合や、運動率が低い精子(精子無力症)の場合、培養液中で卵と精子を同居させても受精が起こりません。
このような場合、精子を直接卵の中に注入して受精させる卵細胞質内精子注入法(ICSI)が必要となります。
ですから体外受精との違いは「受精」が異なります。
※当院では「Piezo-ICSI」を導入しております。

顕微授精法の方法

(1)卵巣刺激法
(2)採卵法
(3)卵培養法
(4)胚移植

は全て体外受精と同じです。

a)顆粒膜細胞の除去
採卵して得た卵はその周囲に顆粒膜細胞層の塊が取り囲んでいます。
顕微授精法に先立ち、ヒアルロニダーゼでこれを溶かし卵を裸の状態にします。

b)卵の固定
細いガラスのピペットを卵の表面に当て陰圧をかけるとピペット(ホールディングピペット)の先端に卵の透明帯がくっつき、卵が固定されます。

c)精子の不動化と吸引
卵細胞質内に注入する精子の尾部を細いピペットで圧坐し、精子を動かなくします。
これを精子不動化といいます。動きのある精子を注入すると受精が起こりません。

d)卵細胞質内精子注入法(ICSI)
いよいよ顕微授精法の最大のポイントであるICSIの段階です。
既に卵はホールディングピペットで固定されています。
不動化された精子をやっと吸引できるくらい細いピペット(インジェクションピペット)に尾の方から1匹だけ吸引し、インジェクションピペットの先端に保持します。
そしてインジェクションピペットを卵細胞内に進め、ピペットの先端が卵細胞質内に入ったのを確認した後、ピペット内に圧を加え、1匹の精子を卵細胞質内に注入します。
最終的にインジェクションピペットをゆっくり引き抜きます。
これでICSIの工程が終了します。

これらの工程はもちろん全て培養液の中で顕微鏡を見ながら行われます。
ここから顕微授精と呼ばれるようになりましたが、正確には顕微鏡下卵細胞質内精子注入法です。

(株)プライムテック社パンフレットより引用

【従来のICSI法】
先端の尖った針で細胞質を吸収して膜を破り、精子を注入するという方法です。

【Piezo-ICSI法】
先端がフラットな針を使用し、卵に針をそっと押し当てて機械のごく微量な振動によって針を前進させて細胞膜を破る方法です。
※Piezo-ICSI法は卵の膜に対してダメージが少なく、従来のICSI法よりも受精率の向上、変性率の低下が見られると言われています。