医師紹介/ Doctor

院長プロフィール

院長 楠原 浩二
院長名
楠原ウィメンズクリニック
院長 楠原 浩二
学歴
千葉県出身
千葉県立千葉高等学校 卒業
群馬大学医学部 卒業
経歴
  • 東京慈恵会医科大学附属病院 産婦
    人科 入局
    研修医終了後、東京慈恵会医科⼤学
    生殖医療グループに所属し不妊症
    の研究(主に着床機構)と診療に
    携わる。
  • 昭和57年 東京慈恵会医科⼤学 医学博士
  • 昭和58年 東京慈恵会医科⼤学 産婦人科講師
    その間、生殖医療グループのリーダーとして診療と教育に専念。
  • 平成2年 東京慈恵会医科⼤学 産婦人科 助教授
  • 平成8年 東京・銀座にて楠原レディースクリニック開設
    東京・中央区にて初めての体外受精をはじめ不妊専門のクリニックをスタート。
    その後15年にわたり3,000件以上の体外受精などの生殖医療を実施した。
  • 平成26年 一旦他医に同クリニックを継承する。
  • 平成26年4月 新たに銀座5丁目に楠原ウィメンズクリニックを開設。
  • 平成30年現在 不妊症、特に体外受精を中心に診療を行っています。
    今までおよそ6万人の不妊の患者様と苦楽を共にしました。
所属学会
日本産科婦人科学会認定専門医
日本生殖医学界認定専門医
受精着床学会会員
日本思春期学会会員

医師紹介

9月より、新しい医師が加わります。

楠原淳子
医師名
楠原淳子
東京慈恵医大病院 産婦人科所属
略歴
ノースウェスタン大学医学部大学院卒業
産婦人科専門医
日本生殖医学会会員
コメント
東京慈恵医大で不妊治療に従事後、アメリカ・ノースウェスタン大学にて不妊症と年齢の研究を行い、2018年7月に帰国。女性ならではの視点とデータに基づく診療で、皆さまのお力になれるように全力を尽くしたいと思います。

火曜日の午前中の診療および隔週の土曜日を担当します。