ブログ / Diary

卵子と年齢

実は卵子は、女性が生まれる前に作られて、誕生後は新しく作られないので、女性の卵子はその人の年齢と同じ年になります。
男性の精子が日々作られるのに対して、出生と同時にその数は減少をたどります。だから思春期から青年期、またその後の老年期へと体の中がゆっくり変化するように、卵子の中身やそれを支える周りの卵巣も変化していきます。
そして、その変化は単純ではありません。先週お話ししたように、卵子の構造はたくさんの大切な細胞器官の集まりです。だから同じ周期に採卵した卵子でもその質は異なります。
現在に至るまで、生殖の基礎研究分野では年齢と卵子の変化について多く研究され、卵子の中の構造物それぞれが、どの様に変化をすることがわかってきています。残念ながら、現時点ではすべてを解決する方法はありませんが、初めて体外受精から赤ちゃんが誕生してから、今年で40年。次世代に向けて日々研究が進められています。