ブログ / Diary

当院での『着床前診断(PGT-A)』がスタートします。

胚を移植する前にあらかじめその胚の染色体が正常(正倍体)が異常(異数体)かを診断する着床前診断が当院でも可能になりました。
ただし、こちらは全ての人に行うものではなく、2回連続して流産歴のある方、あるいはARTで質の良い卵(良好胚)を2回移植しても妊娠に至らない方が対象となり実施が許可されます。
実際に着床前診断を行う場合は、充分にその内容をご説明し、遺伝相談にも対応いたします。