お知らせ /News

新型コロナウイルス感染症に対する当院の方針

4月1日に日本生殖医学会から「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する声明」が出されました。
内容は、1.妊娠初期の胎児に及ぼす影響について不明な点が多いこと。2.母体から胎児への感染の可能性は不明であること。3.妊婦における感染の可能性は高いとは言えないが、妊婦が感染した場合に重症化する可能性 4.通常は妊婦に使用しない薬剤による治療が試行されていることから、妊娠が成立した後の感染への対応に苦慮することが予想される。4. 受診や医療行為に関連した新たな感染のリスクの可能性です。

このため、国内での急速な感染拡大の危険性がなくなるまで、あるいは妊娠時に使用できる予防薬や治療薬が開発されるまでを目安として、患者様に対し不妊治療の延期を選択肢としてご考慮を頂くというものです。

当院では、この推奨を基に感染予防を徹底した上で、皆様が安心して治療に取り組めるよう、万全を尽くしていきたいと考えております。
1.発熱や感染のリスクのある方の受診は控えてください。
2.延期可能な治療については延期して頂くこと
3.凍結胚移植予定の方は、胚移植の延期をして頂くこと
4.体外受精、顕微授精はこれまで通り行い、全胚凍結保存を行います

一般不妊治療、人工授精、凍結胚移植はそのまま妊娠につながるため、最終的にはご夫婦とご相談の元、希望があればこれまで通り行います。
皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。