お知らせ /News

2022年4月からの不妊治療保険適用について

2022年4月より不妊治療に対し保険が適用(年齢、治療内容により一部、保険適用外医療あり)となりました。
対象となる治療は、人工授精、採卵、体外受精、顕微授精、胚培養、胚移植、胚凍結保存となります。
当院では、適応となる患者様には「保険診療」を優先し治療を行ってまいります。

なお保険と自費の混合診療は認められていないため、治療内容がこれまでとは異なる場合もあります。
適応対象外の方にもこれまで通り、治療を行っていただけます。その場合は自費診療となります。
リーフレット(厚生労働省)