妊娠の成⽴過程/ Pregnancy process

妊娠の成⽴過程

不妊症の原因や治療を話す前に妊娠はどのように成⽴するかを理解する必要があります。

  • 1)卵巣内の卵胞(卵の⼊った袋)の成熟
  • 2)卵胞から卵の排出(排卵)
  • 3)排卵時あるいはその周辺期の膣内への精⼦の侵⼊(射精)腟内に射出された精⼦は⼦宮下部から分泌される⼦宮頚粘液を泳いで⼦宮腔→卵管へと侵⼊します
  • 4)卵巣から排出された卵は直ちに卵管の先端(卵管采)から卵管内にピックアップされ卵管の太い部分(膨⼤部)で精⼦と出会い
  • 5)精⼦が卵の内に⼀匹だけ侵⼊し受精が成⽴します(受精)
  • 6)受精卵(胚)は細胞分裂(卵割)をくり返しながら⼦宮の⽅へ移送され
  • 7)最終的には⼦宮腔内に到達し、⼦宮内膜に接合して(着床)、妊娠が成⽴します。

すなわち、

排卵と射精 卵管内での 受精(胚)卵管から 子官膣内へ 移送 子官膜への 接着、進入 (着床)

という複雑な過程で初めて妊娠が成立するのです。

不妊の原因と治療

先に述べたように妊娠が成⽴するためには、排卵→受精→胚の移送→着床という複雑な過程を経るわけですが、
そのどの部分が障害されても妊娠は成⽴しません。ですから不妊原因も多岐にわたります。

主な不妊の原因とその治療法について