ブログ / Diary

不妊治療中のインフルエンザワクチンの予防接種について

現在使われているインフルエンザワクチンは不活化ワクチンであるため、妊娠や胎児に問題がなく、不妊治療の方、現在妊娠している方、妊娠予定の方への接種は問題ありません。アメリカでは米国病院予防局(CDC)ガイドラインではインフル流行期間に妊娠予定の女性へワクチン接種を推進しています。

患者様より嬉しいご報告~ヨーガの先生のブログ~

2018年の9月からはじまったヨーガ教室ですが、毎週のようにちゃんと通われていた方からは、みなさん妊娠されたと嬉しいご報告をいただきました。 また、妊娠される方の特徴として、みなさん笑顔が素敵だなと感じています。 クリニックでのヨーガ教室は卒業生が多く寂しい気持ちはありますが、引き続きみなさんの妊娠のお手伝いができれば幸いです。 教室では、はじめての方でもヨーガが無理なく行えるようポーズや呼吸法をお伝えしていきま...

採血をスムーズにうけるために事前にできることとは?~看護部より~

こんにちは。 先日天皇陛下のご即位を祝う祝賀御列の儀が無事執り行われましたね。テレビ等でご覧になった方も多いのではないでしょうか。快晴の空のもと、天皇、皇后両陛下も、沿道でも笑顔と歓声が溢れる様子を拝見して、令和という時代が更なる発展を遂げ、平和で良い時代となりますように、と一国民として改めて願うのでした。 さて、今回は採血をスムーズにうけるためにご自身で事前にできること、についてお話したいと思います。 採血...

災害に備えて~培養室より~

台風19号の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興と日常生活に戻れますようお祈り申し上げます。 みなさまこんにちは、楠原ウィメンズクリニックの培養部です。 先週末は台風19号が日本を通過し、各地で浸水や停電などの甚大な被害が発生しました。 電車などの交通機関が午後からの運休を発表する中、この日も多くの患者様にお越しいただきました。午前中で診察や会計が終わり、患者様が無事に帰られた後の...

子宮内膜症が原因の不妊症の治療の基本

1.子宮内膜症が軽度で年齢が若ければタイミング性交での妊娠が期待できます。 2.子宮内膜症が進行している例では従来腹腔鏡で子宮内膜症を治療してから不妊治療をしていましたが、最近では体外受精などで妊娠の成立を優先し、挙児を得てから子宮内膜症の治療にとりかかるという順番が優先される傾向にあります。

子宮内膜症と不妊症

不妊症の患者さんの20%に子宮内膜症が合併していると考えられています。 逆に子宮内膜症の方の50%は不妊症になるといわれています。 このように子宮内膜症はいろいろな痛みだけではなく不妊症と密接な関係があります。

診察の雰囲気について

診察の雰囲気について

初めての受診で不安でしたが、先生、看護師さんにとても優しくしていただき安心して通うことができました。無事に妊娠できたこと、心より感謝しております。最初から最後まで丁寧に説明していただき、分かりやすかったです。 本当にお世話になりました。ありがとうございました。

一度の採卵で第1子、第2子とも1度で妊娠できました

一度の採卵で第1子、第2子とも1度で妊娠できました

一度の採卵で3つ凍結、そのうち2つも一回で成功できて、正直こんなにスムーズに妊娠に至れると思っておらず、驚きとうれしい気持ちです。 残りの1つの卵を移植するか否か考えなくてはならないので、現在悩んでおります。(ぜいたくな悩みです) 先生方には大変お世話になりました。 もしまた移植することがあれば、その際は宜しくお願い致します。

2回目の体外受精で妊娠された患者様

2回目の体外受精で妊娠された患者様

仕事をしながら通院するため、受付が18:30まで予約制ではなかったことがすごく有難かったです。 治療スケジュールもわかりやすかったので、それも良かったです。 体外受精2回目で無事妊娠することができました。 楠原先生、看護師さん、スタッフさん大変お世話になりました。 ありがとうございました。

凍結胚移植で第2子を妊娠された患者様

2年ぶりの通院でした。 高年齢だったので、不安もありましたが、とっても早く成就させて下さいました。 現在つわりが重く辛い時期ですが、看護師さんや受付のスタッフの方が機転を利かせてくださって横にならせて下さり、とっても温かい対応が沁みました。 本当にありがとうございました。 頑張って出産してきます! 残りの卵ちゃんも迎えに来ます。