不妊の予防について / Prevention sterility

不妊の予防法について

将来不妊症になりづらい⾝体のための、⽣活習慣についてご説明いたします。

アメリカ⽣殖医学会(ASRM)では、以下の4つの重要な不妊因⼦をあげています。逆にこれらを避ければ、不妊の予防にもなります。

予防可能な不妊の4つの要因 〜アメリカ⽣殖医学会(ASRM)による〜

①体重異常(肥満・やせ)

肥満(⼥性)

肥満になると⾎液中のインスリンが⾼まり、これが男性ホルモンの産⽣を亢進させます。その結果肥満⼥性では⽉経の異常(無排卵や無⽉経)が増えます。
⾷事療法・運動療法による体重減少では、理想体重にしなくても⽉経が改善されます。

減量の⽬安=標準体重の5%以内 (⾝⻑160 cmなら 標準体重56kg+3kg)多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)では減量だけで、⾃然排卵が期待できます。

肥満(男性)

肥満や⾼⾎圧、⾼脂⾎症などからなる⽣活習慣病の男性ではED(勃起障害)が80%に達するという報告があります。

痩せている⼥性

未婚⼥性の無⽉経の30〜40%が体重減少(ダイエット)が原因といわれています。
急激な痩せ(体重減少)は⼥性ホルモン中枢の視床下部に障害をあたえます。
このような体重減少による無⽉経はかなり頑固で、その多くの⼈は妊娠するためにホルモン剤による排卵誘発を必要とします。
よって、過度なダイエットはとても危険です。

②喫煙習慣

喫煙が男性の妊娠⼒に及ぼす影響

● 精⼦数:喫煙者≪⾮喫煙者(15〜24%)
● 喫煙者の受精能力
● タバコは男性の造精機能に悪影響を及ぼします。
● EDの発症リスクは40%⾼くなります。

喫煙が⼥性の妊娠⼒に及ぼす影響

● 喫煙は卵巣の⽼化を促進します。
● 喫煙者の体外受精の成功率は⾮喫煙者の約半分である。
● 受動喫煙による影響もある。体外受精の成功率は喫煙

する⼥性と同程度に低い。

③性感染症(STD)

クラミジアを中⼼とした性感染症が近年増加しています。

クラミジア感染症
クラミジアはおりものが多少増える程度で症状は軽いので、気がつかないことも多く、適切な治療が⾏われないことで、周囲に感染が広がる危険性があります。
多くのクラミジアは⼦宮の⼊り⼝にとどまっているが、時にクラミジアが「⼦宮→卵管→腹腔内」に拡⼤します。その結果、卵管の狭窄、閉塞など不妊の原因となります。
クラミジアはたとえ感染しても治療(薬の内服)で治せることがあります。

④加齢

加齢による妊娠低下の原因

● 卵⼦の⽼化(染⾊体異常の増加など)
● 卵巣内の卵胞プール(残存卵胞)の減少
● ⼦宮機能の加齢の影響(⼦宮筋腫、内膜ポリープ)

⾼齢⼥性の場合

● 結婚して6ヶ月しても妊娠しない場合は検査をはじめた⽅がよい。
● 早期のステップアップの検討