診療内容/ Contents

当院の治療方針

女性の心と体に寄り添い、
総合的な判断から最適な治療法をご提案。

楠原ウィメンズクリニックでは、患者様のご希望をできるだけ取り入れながら、患者様一人ひとりに合った治療法をご提案しております。ときにはデータなどを用いながらしっかりと治療内容をご説明し、患者様が不安なく治療に臨めるように努めております。

当クリニックが目標としているのは、不妊に悩む全ての方が妊娠できること。不妊治療では、初期の不妊検査から体外受精、人工授精、顕微授精まで、幅広く対応しております。さらに、長年のホルモン研究と不妊治療の経験を駆使し、子宮内膜症や月経異常、更年期障害など、女性特有の体の不調に対する治療も数多く手掛けております。

また、「患者様が通いたいときに、いつでも気軽に通っていただけるクリニックでありたい」という考えから、当クリニックでは予約制にしておりません。これからも患者様にとって最良の環境を整え、患者様とともに治療に取り組みたいと考えています。

不妊治療の流れ(概略図)

※一般的な不妊治療の流れ

特定不妊治療   保険適用となっている領域

楠原ウィメンズクリニックの得意分野

楠原ウィメンズクリニックでは婦人科一般診療、特に体外受精や顕微受精を含めた不妊症の治療をメインとしております。

また女性のホルモン治療も得意とする分野で子宮内膜症の治療、さらには最近わが国でも普及し始めているホルモン補充療法(HRT)を中心とした更年期障害治療も専門としております。

以下に楠原ウィメンズクリニックの主な診療内容を列挙いたします。

楠原ウィメンズクリニックの診療内容

不妊治療
〇一般不妊治療
・タイミング法
・排卵誘発法
・人工授精法 など

〇補助生殖医療(ART)
・体外受精-胚移植法(IVF-ET)
・顕微授精法(ICSI)
・胚凍結法

〇男性不妊
月経異常の治療
・生理不順
・生理痛(月経困難症)
・月経前症候群/月経前不快気分障害
・月経の移動 など
子宮内膜症の診断・治療
更年期障害
・ホルモン補充療法(HRT)
・漢方治療
避妊
・低用量ピル
婦人科検診

地域医療連携について

当院では、患者さんの実情や医療状況に応じて、地域の医療機関との円滑な連携を進めております。
医療機能の分担と専門化を進め、医療機関同士が相互に円滑な連携を図り、今後も通院される患者さんに必要な医療を継続して提供するために地域医療連携を推進してまいります。
現在、当院では下記の大学病院の地域医療連携登録をしております。

順天堂大学病院(東京都文京区本郷3-1-3)
東京慈恵会医科大学病院(東京都港区西新橋3-19-18)
日本大学病院(東京都千代田区神田駿河台1-6)
東京大学病院(東京都文京区本郷7-3-1)