不妊治療成績/ Data

妊娠に結び付いた治療法の分析

当院は2014年4月に開院、診療を始め、2017年3月でちょうど3年になりました。
その間、妊娠された方は690名です。これは、不妊治療をした患者様の約60%に相当します。つまり10人の不妊患者様のうち6人は妊娠し卒業されたことになります。

表1は、当院の患者様がどのような治療法で妊娠されたのかを分析しました。

※表1

治 療 法 症 例 妊娠例に占める割合
1. ART(体外受精・顕微授精・凍結胚移植) 242 人 35.1 %
2. タイミング性交渉 197 人 28.6 %
3. 夫婦間人工授精 136 人 19.7 %
4. 排卵誘発(特にPCOS) 60 人 8.7 %
5. ホルモン治療 47 人 6.8 %
6. その他 8 人 1.3 %
690人 100.0 %

このように、ARTで妊娠された方が最も多いという結果でした。
しかし、全ての方にはじめからARTをおすすめしているわけではありません。その証拠に、タイミング法で妊娠された方も197例、28.6%と少なくありませんでした。
また、多嚢胞性卵巣(PCOS)に対する排卵誘発(Letrozole)や、子宮内膜症のような比較的難治性の不妊の方に対する治療においても、満足できる結果を得ております。

ART(体外受精・顕微授精・凍結融解胚移植)の成績

ART治療を開始しはじめた2014年から2018年までの治療成績と最新の2019年1年間の治療成績を示します。
標準的には治療成績は移植あたりの妊娠率( /移植)で表されます。何回移植して何回妊娠したかという事を表しております。
また移植の殆ど全ては凍結融解胚移植を行っております。

2014年~2018年

年齢 移植凍結胚 移植回数 妊娠数 妊娠率 流産率
~39歳 初期胚 394 113 28.7% 22.1%
胚盤胞 521 243 46.6% 23.9%
40歳~ 初期胚 176 21 11.9% 33.3%
胚盤胞 35 9 25.7% 44.4%

最も新しい(2019年)のデータを示します。

2019年

年齢 移植凍結胚 移植回数 妊娠数 妊娠率 流産率
~39歳 初期胚 98 26 26.5% 11.5%
胚盤胞 203 97 47.8% 14.4%
40歳~ 初期胚 56 12 21.4% 41.7%
胚盤胞 52 15 28.8% 26.7%

これを要約しますと30歳代での初期胚の妊娠率は26.5%、胚盤胞移植は47.8%の妊娠率です。流産率は13.8%でした。
一方、40歳以上では妊娠率は初期胚では21.4%、胚盤胞では28.8%と30歳よりやや低下します。しかし40歳で28.8%の妊娠率は悪くありません。
一方、この年代では流産率が30%を超えその割合が増えます。これは主に胚の染色体異常の増加によるものです。

2019年の楠原ウィメンズクリニックのART治療成績

~39歳

40歳~

夫婦間人工授精法(AIHあるいはIUI)

3年間で684人の方が夫婦間人工授精(AIHまたはIUI)を行いました。
そのうち、新鮮精子によるAIHは654例、1,491周期行い、うち妊娠成立した方は154例、症例あたりの妊娠率は22.5%でした。

また当院では、ご主人が出張や転勤のため当日精液を確保できない場合、あらかじめ精液を凍結保存し、当日それを融解して人工授精に使用します。このような凍結精子によるAIHを行った方は30例で、うち6例(20.0%)の方が妊娠に至りました。
当初、凍結精子によるAIHの妊娠率はもっと低いものと予想していましたが、新鮮精子と大差ないものと考えられます。

※表3

精液採取法別AIH妊娠率