ブログ / Diary

40歳以上の方の体外受精(ART)のための卵巣刺激法のコツ

全国的に高年齢の方のARTの割合が増えています。 2022年の当院の割合は46%でした。 年齢が上がると卵の数が減少し卵巣刺激が困難になりますが、それなりのコツがあります。 ①初期化する:ホルモンを整えてから(月経3日目のFSHが10iu以下)スタートする。 ②mildな刺激が良い:clomid1/2錠あるいは1錠を連日服用し、複数の卵胞径が10mmになったらHMGを追加投与する。 ③AMHが1~1.5なら:clomidを5日間服用し注射FSHを追加し、場合によりan...

特定不妊治療費(先進医療)の助成金制度について

こんにちは。受付です。 まだ寒さの厳しい毎日が続いております。 今回は、「特定不妊治療費(先進医療)の助成金制度」に関する内容を記載します。 東京都では、当該助成事業が2023年1月4日より開始されました。 現在、体外受精・顕微授精を保険診療で受診した際、保険診療内ではカバーされない先進医療に係る費用の一部が助成されます。 通常、保険適用される治療費の7割が保険負担、3割が自己負担です。しかし、保険が適用されない「先...

先生をはじめ、看護師さんに支えていただきました。

1年半ほど通いましたが、本当にお世話になります。 最初何度か体外受精がうまくいかず、精神的に辛い時期もありましたが、先生をはじめ、看護師さんに支えていただき無事卒業することができました。本当にありがとうございました。

当院の2022年の体外受精の治療成績について

当院の2022年の体外受精の妊娠の成績を速報します。 40歳未満の方の胚移植あたりの妊娠率は、胚盤胞では51.4%と過去最高の結果でした。 40歳以上の方でも、胚盤胞では32.4%と、悪くありません。 完全に満足できる結果ではありませんが、悪くない結果です。 その詳細については近々ホームページに掲載いたします。

先生と培養士さんには感謝しかありません。

二人目の治療ですが、とてもスムーズにいき、上の子のお世話や仕事もあるので、とても助かりました。 一度目は流産となってしまいましたが、二度目で無事に育ってくれました。先生と培養士さんには感謝しかありません。 ありがとうございました。

治療再開時のご質問

年が明け、3週間が過ぎようとしています。寒さも深まり「大寒」の暦に合わせるように今週末から週明けにかけ関東でも雪が降るようです。 皆さま、いかがお過ごしですか!?こんにちは、看護部です。 新型コロナの法分類が今春にも第五種へと引き下げ移行方針のニュースがある中、インフルエンザ流行の時期に合わせ、コロナも多くなってますね。 様々な変容に慣れてはきましたが、早く収束してくれないかな・・・と心の声が漏れてしまってます。 ...

保険適用になってからの妊娠率と移植成績

こんにちは、楠原ウィメンズクリニック培養室です! 2022年4月より不妊治療に関わる治療費が保険適用になりました。 保険適用にはならなかった治療や調整処理は先進医療として扱われ、今年に入ってからは都内在住の方向けに助成金が補助されます。(先進医療は自費ですが、保険と併用して治療が受けられます。) 自費の時と比べて、保険内で不妊治療を行うには制限されることが多いのが現状ですが、では妊娠率や治療成績にまで影響されて...

みなさん優しくて心強かったです。

みなさん優しくて心強かったです。

予約制ではなく、夜も遅くまでやっているので仕事の合間に通うことができるので通院しやすかったです。 みなさん優しくて心強かったです。 ありがとうございました。