ブログ / Diary

初めての婦人科でわからな事ばかりでしたが不安なく通うことができました。

初めての婦人科でわからな事ばかりでしたが不安なく通うことができました。

初めての婦人科でわからない事ばかりでしたが、検査~治療まで色々と説明して下さり、 不安なく通う事ができました。 少しメンタルが落ち込んでしまった時には励まして下さり、とても心強かったです。 おかげ様で、子供を授かる事ができ、とても嬉しいです。 半年に渡り、楠原先生・スタッフの皆様、とても良くして頂き、本当にありがとうございました。

多嚢胞性卵巣(PCOS)とART

PCOSは日本人女性の10%位存在するといわれ、ポピュラーな卵巣の疾患です。 通常、排卵障害・月経不順・無月経・多毛・肥満傾向などの症状を伴い、また不妊の原因にもなります。 排卵をスムーズにさせるためにはletrozoleという内服薬があります。 しかし他の不妊原因として精子異常や卵管閉鎖などがあると生殖補助医療(ART)が必要になります。 ARTをするには卵巣刺激ホルモン剤を注射し、卵胞を発育させます。 これを調節卵...

当院の培養室長 沖津がFM西東京「妊活ラジオ」に出演いたしました!

こんにちは、楠原ウィメンズクリニックの培養室です。 2022年2月13日(日)に放送されたFM西東京「妊活ラジオ~先端医療の気になるあれこれ~」に当院の培養室長である沖津が出演いたしました。 内容は「胚培養士と保険について」です。 患者さんと直接、接する機会が少ない胚培養士ですが、少しでも私達について知っていただけたら嬉しいです。 過去の放送はFM西東京のホームページよりお聞きいただけます。 →こちらをクリック

本当に感謝しかありません。

本当に感謝しかありません。

いつも優しい言葉をかけて下さる先生やスタッフの方達にとても救われていました。 本当に感謝しかありません。 ありがとうございました。

第1子に続き、第2子も楠原ウィメンズクリニックでお願いして授かれて本当に良かったです。

第1子に続き、第2子も楠原ウィメンズクリニックでお願いして授かれて本当に良かったです。

今回、約1年4ヶ月の治療(顕微授精6回目)の末、第2子を授かる事が出来ました。 途中、心折れそうになる事もありましたが医院長含め看護師さんのお声がけがいつも暖かくて、ここまで頑張ってこれたと思ってます。 又、第1子(現2歳息子)を連れての通院は大変でしたが、クリニックに連れてきても嫌な顔せず優しく対応してくれて本当に感謝でいっぱいです。 第1子に続き、第2子も楠原ウィメンズクリニックでお願いして授かれて本当に良かったです...

思い切って顕微授精にステップアップして良かったです。

思い切って顕微授精にステップアップして良かったです。

いつもスピーディーにご対応いただけて、本当に助かりました。 毎回的確なご指摘をいただきAIHも1回のみでしたが、思い切って顕微授精にステップアップできて今では良かったと思っています。 無事に出産し、2人目を考えられるようになりましたら、またお世話になりたいと思っています。 本当にありがとうございました。

保険診療でARTは変化したか?

御存知のように本年4月1日より従来自費診療であった体外受精などの補助生殖医療(ART)が保険対象になりました。3月にARTを予定していた人が4月に持ち越され4月のART件数が増えています。 しかしまだ余裕があります。お急ぎの方は御相談下さい。

卵子凍結(未受精卵子の凍結保存)について

こんにちは、楠原ウィメンズクリニックの培養室です。 近年、需要が増している「卵子凍結(未受精卵凍結)」についてお話していきたいと思います。 まず、卵子凍結とは卵と精子の受精を行う前の卵のみを凍結することを指し、大きく分けて「医学的適応」と「社会的適応」により実施されます。 ●医学的適応…癌など悪性腫瘍に罹患した方が、化学療法などの治療により卵巣機能が低下してしまう前に妊孕性温存のため凍結を行うこと。 ●社会的適...

2人目もこちらで授かることができました。

2人目もこちらで授かることができました。

1人目もこちらでお世話になり、今回2人目もこちらで授かることができました。約5ヶ月間の受診で運よく卒業となりよかったです。先生をはじめ看護師の方々はいつも親切で、子供がいる中での通院は大変なこともありましたがなんとか通うことができました。本当にありがとうございます。 まだ卵も残っているので、もし3人目の際もありましたら、どうぞ宜しくお願いいたします。