ブログ / Diary

培養士ブログ

2022年3月の妊娠率

こんにちは、楠原ウィメンズクリニック培養室です。 2022年3月の妊娠率をご報告いたします。 妊娠率(画像参照) 初期胚 37.5% 胚盤胞胚 38.9% 全体  38.5% (全体の妻平均年齢 36.3±3.7歳) ※妊娠判定はGS確認。 4月より培養室のTwitterとインスタグラムのアカウントを作成いたしました! Twitterでは培養室からのお知らせ、情報、ブログ更新、論文や文献のご紹介 インスタグラムでは上記に加えて、アイスブレイクで...

2022年2月の妊娠率

こんにちは、楠原ウィメンズクリニック培養室です。 2022年2月の妊娠率をご報告いたします。 当院では患者さんの胚発生の状況によって初期胚か胚盤胞かに分けて胚移植を行っております。 2月は初期胚移植の件数が少なくデータを出すには不十分だったので、胚盤胞胚移植のみ算出いたしました。 妊娠率(画像参照) ~39歳 46.2% 40歳~ 50.0% 全体  47.1% (全体の妻平均年齢 36.8±4.5歳) ※妊娠判定はGS確認。 初期胚移...

当院の培養室長 沖津がFM西東京「妊活ラジオ」に出演いたしました!

こんにちは、楠原ウィメンズクリニックの培養室です。 2022年2月13日(日)に放送されたFM西東京「妊活ラジオ~先端医療の気になるあれこれ~」に当院の培養室長である沖津が出演いたしました。 内容は「胚培養士と保険について」です。 患者さんと直接、接する機会が少ない胚培養士ですが、少しでも私達について知っていただけたら嬉しいです。 過去の放送はFM西東京のホームページよりお聞きいただけます。 →こちらをクリック

卵子凍結(未受精卵子の凍結保存)について

こんにちは、楠原ウィメンズクリニックの培養室です。 近年、需要が増している「卵子凍結(未受精卵凍結)」についてお話していきたいと思います。 まず、卵子凍結とは卵と精子の受精を行う前の卵のみを凍結することを指し、大きく分けて「医学的適応」と「社会的適応」により実施されます。 ●医学的適応…癌など悪性腫瘍に罹患した方が、化学療法などの治療により卵巣機能が低下してしまう前に妊孕性温存のため凍結を行うこと。 ●社会的適...

当院の培養室長が体外受精の本を出版しました!

当院の培養室長が体外受精の本を出版しました!

当院の培養室長 沖津摂氏が培養士目線の体外受精の本を出版しました。 現役の胚培養士がARTの現場を語った日本で初めての書籍です。 不妊に悩んでいらっしゃるご夫婦をはじめ、 これから胚培養士の道を目指したいと思っている学生さん、 胚培養士として働き始めたばかりの仲間たちにも わかりやすく培養士目線からARTの現状や問題点を書き綴っています。 全国の主要書店や楽天、Amazon等インターネットでお求めいただけます。 楽天ブック...

不妊(ART)セミナー再開のご案内

現在、動画配信のみとさせていただいている不妊セミナーですが、感染予防の下、人数を制限して当院セミナールームにて月1回開催することになりました。再開後、第1回目は9月25日(土)14時~となります。なおZOOMでのLIVE配信も行います。こちらは人数制限ございませんので、他院で治療をなされている方も含め、ご興味ございましたらご参加ください。ZOOMでご参加される方は、チャットでご質問頂けましたら時間の許す限りお答えさせていただきます。...

最近絶好調~お久しぶりですみません~

培養室ブログ、かなりお久しぶりの更新となります。 患者様の胚をお預かりし培養していくためのインキュベータには現在大きく分けて加湿型とドライ型があるのはご存知でしょうか? 加湿型インキュベータ メリット:温度、CO2・O2ガス濃度の安定、非常時にガスの供給が滞る場合でもインキュベータ全体を一定化するように設定している為、急激な変動がない。 デメリット:各部屋に仕切られているわけではないため、他検体を観察するなどの開閉時...

災害に備えて~培養室より~

台風19号の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興と日常生活に戻れますようお祈り申し上げます。 みなさまこんにちは、楠原ウィメンズクリニックの培養部です。 先週末は台風19号が日本を通過し、各地で浸水や停電などの甚大な被害が発生しました。 電車などの交通機関が午後からの運休を発表する中、この日も多くの患者様にお越しいただきました。午前中で診察や会計が終わり、患者様が無事に帰られた後の...

培養部からのご挨拶~培養室より~

みなさまはじめまして、楠原ウィメンズクリニックの培養部です。今月より、当院のブログにて培養室からも発信をさせていただくことになりました。卵子や精子に関する内容はもちろん、不妊治療における最近の話題やクリニックの近況などについてもお話ししていきたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。「培養士って病院でどのようなことをされているのですか?」培養士は患者様の大切な精子や卵子をお預かりし、受精する手助けや胚...